FC2ブログ

指標結果&新着記事
人気ブログランキング - ★ FX.COUNCIL
●RECENT ENTRIES


登録ツールズ+

説明文を良くお読みください
 ドル円ポンド円売買ツール


Result:

by FX.COUNCIL

QRコード
QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


市況概況&BOOKMARK
◆◆FX.COUNCIL RSSリーダー◆◆

ドル円109円台は買い手が多い?
[20060512]
★他のトレーダーの予想は外国為替証拠金ランキングから 先ほどドル円が109台まで一旦割り込んだが、防戦買い? 介入にしては少しチャチかな?というような動きをした。正直よく分からない動きであった。要人発言で動いたような感じだったがそうでもなさそうだ。

 どちらかといえば
 2年前の米系筋と銀行系のオプション防衛 証券系の防衛に近いものを感じた。何でもいいからキッカケがあれば売り込む。
指標なり、要人発言の開始時間が仕掛けの合図なんだろう。
おそらく良結果ですらこれからは売り込まれる可能性が高い。

また、割とドル円の買い戻しが多いイメージの東京時間もだんだん目が離せない状況になっていると思われる。
 

ドル円4H2

上記は昨日のチャートである。
ここからの後の動きは既に知っていると思うが
キレイなシンメトリーなチャートを描きながら26日線に沿って4Hで降りてきてる状況である。
 しばらくもむかなと思ったが、もみ合いの時間もそろそろ賞味期限に感じられてきた。
今日の貿易収支で一気に下落する可能性もある。
 なぜなら、タイムフレームでは2日もんで下落を繰り返してきたような動きであるからだ。
 あがろうが下がろうが個人的には正直どちらでもかまわない。
 
 ドル円のサインについては、
111 .25Sで昨日システムサインが2回出たっきり音沙汰なし。
システムは買いを推奨していないようだ。

 あとクロス円の上昇トレンドの終期にあたる日なのであまり触りたくない。深夜に立てた売買君のポジションはすべてクローズした。



 ここからアジア時間はレンジ
 15時以降からやや動きがでるか
 貿易収支の直近はポジション調整でやや吹けあがるかと思う。

****************************************************
最新TOP記事

馬鹿の一つ覚えのスワップ派は殺される

ドル円 月曜効果とは?

両建て取引の無限の可能性

510取引は儲かるのか?数字でみた510取引

ポンド円は13営業日を基調に上下する?

GW明けの円安は本当なのか?数字でみる直近15年の日足推移についての考察

週間予定と想定レンジ&システムサイン 不定期

今日の売買君の気まぐれデイトレポジ

****************************************************

外為ランキング


     管理人の気まぐれでサインを突発的にUPしておりますが、飽きたら早々に打ち切る可能性が多々あります
 モチベーション維持にご協力ください・・

チャット


せいぜい半日決済予定のものなのです。4時間くらいをめど
中短期ですらありませんことを理解ください。


****************************************************



***********************************


スポンサーサイト




コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
⇒ http://fximpression.blog52.fc2.com/tb.php/93-b3a3a9e6

HOME

copyright © 2005 tuxed all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
市況&BOOKMARK

・要人発言/指標結果
***************
◆相互リンクサイト
・NYANKOSTATION
・SKILL.UP.FX
・新米の外国為替証拠金取引
・スウィングシステムFX
・しろふくろうFX研究所
・blog.xforce.jp
・FXポジション日記!
・各ペア月別傾向
***************
◆外為CHAT
・NSチャット
・共有チャット
・仮面チャット
***************
◆COUNCILツール
・FX.COUNCILRSSリーダー
・FX.COUNCILアンテナ
***************
◆市況 指標結果
・相場市況概況*
・市況2
・今週の経済指標
***************
にほんブログ村 為替ブログへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSフィード