FC2ブログ

指標結果&新着記事
人気ブログランキング - ★ FX.COUNCIL
●RECENT ENTRIES


登録ツールズ+

説明文を良くお読みください
 ドル円ポンド円売買ツール


Result:

by FX.COUNCIL

QRコード
QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


市況概況&BOOKMARK
◆◆FX.COUNCIL RSSリーダー◆◆

建設支出 construction spending
[20051205]
********************************************************************


建設支出 construction spending

①主な時期について

発表機関 商務省センサス局(Bureau of Census, U.S. Department of Commerce)

発表時期 月次
第一営業日


②為替市場における大小関係

GDPの約20%を構成する為、景気動向全体との相関が高い。

1) 統計の対象期間から発表までの間隔が大きい為、他の統計から予測が容易。
2) 大型受注などの関係で、月毎のブレが大きく、大きな改訂が行われる事が多い。
3) 住宅建設は他の耐久財需要への波及効果も大きく、経済全体への影響は大きい。
4) 民間の商業施設に対する支出増加は、企業の設備投資実績に先行する傾向がある。

1) 住宅建設・商業施設建設・公共施設建設の区分毎に発表される。GDPへの寄
度はそれぞれ3・5・11%。
2) 民間商業施設は設備投資の先行指標として注目度が高い。

スルーが多い


米商務省が、工場・事務所・ホテルなどの非居住用建設支出、居住用建設支出、そ
して州政府・連邦政府の建設支出の三つのカテゴリーに分けて発表している指標。非
居住建設支出と居住用建設支出を合計するとGDPの民間設備投資の項目の半分近く
を占め、GDP全体との関係でも10%弱となる。実際、非居住用建設支出(商業施設建設)
は設備投資の先行指標とされているぐらいだ。加えて、政府支出はGDPの10%ぐらいを占
めるから、建設支出の動きを見ているだけでもGDPのおよそ20%を占める部分の様子が
わかることになる。上昇はrise, rose, has risen、低下はfall, fell, has fallenで表すのが
普通。大幅な上昇であればsoar、大幅な低下であれば、plummetなどを使う。

2月の建設支出は減少し、二期連続のマイナスとなった。 ⇒ Construction spending f
ell in February, marking its second consecutive drop.
♣ 公共物建設 public construction
政府支出がどの程度の規模かは年度の予算に現れるが、それ以外にもこういった指
標で、実際に予算が執行されていくプロセスを追うことができる。内容は、道路、上
下水道施設、公立学校、公共住宅など。

公共物建設は緩やかな増加に留まった。⇒ Public construction rose modestly.













********************************************************************


スポンサーサイト



★他のトレーダーの予想は外国為替証拠金ランキングから
2005-12-05(Mon) 06:32 景気全般 | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
⇒ http://fximpression.blog52.fc2.com/tb.php/36-63ac220c

HOME

copyright © 2005 tuxed all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
市況&BOOKMARK

・要人発言/指標結果
***************
◆相互リンクサイト
・NYANKOSTATION
・SKILL.UP.FX
・新米の外国為替証拠金取引
・スウィングシステムFX
・しろふくろうFX研究所
・blog.xforce.jp
・FXポジション日記!
・各ペア月別傾向
***************
◆外為CHAT
・NSチャット
・共有チャット
・仮面チャット
***************
◆COUNCILツール
・FX.COUNCILRSSリーダー
・FX.COUNCILアンテナ
***************
◆市況 指標結果
・相場市況概況*
・市況2
・今週の経済指標
***************
にほんブログ村 為替ブログへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSフィード