FC2ブログ

指標結果&新着記事
人気ブログランキング - ★ FX.COUNCIL
●RECENT ENTRIES


登録ツールズ+

説明文を良くお読みください
 ドル円ポンド円売買ツール


Result:

by FX.COUNCIL

QRコード
QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


市況概況&BOOKMARK
◆◆FX.COUNCIL RSSリーダー◆◆

人民元切り上げへのカウントダウン 今週の展望
[20060819]
★他のトレーダーの予想は外国為替証拠金ランキングから 週間想定レンジ
今までの想定レンジ(週ベースの方向性)はこちら
別のトレーダーの予想はこちら
★GBPJPY
 週初めからトレンドに反しながら売りあがっていたのが功を労した形になった。
 GBPJPYの連続陽線は13営業日目で一旦失速するという記事を随分前に書いたものだがとりあえず、いい具合に天井打ちしてくれる形になった。9年連続続いたアノマリーは若干崩れたが、高値から300p下落してくれたことで、許容内ということにしている。
★USDJPY
 週初めの展望通りとまではいかなかったがレンジ推移であったためにどこで売り買いしても損失が出ない相場。
 あくまで週ベースの低レバレッジのトレードでの話にはなる。
 人民元相場最高値更新  金利上げ、去年のながれでいけば切り上げはいつなされてもおかしくはない。今日明日という勢いで書かれてるレポートもあるが、逆指値で随時対応したいところ。注意すべき日は木曜日 9月中ごろのG7までの間に憶測が飛びトリッキーな動きになっていきそうなので振り回されないようにしたい。
★GBPUSD
 下落チャネルが発生したのが先週の金曜日、先週テロ観測から一転しテロ騒動は短期で戻す傾向の通り、週半ばに反発した地合いもあったがレンジ内での推移に終わっている。ほぼ見通しどおりの方向性ということになった。
 ★EURUSD
 ****************************************************
★★想定レンジ,週間予定 要人発言&Strategy~BY FX.COUNCIL
GBP/JPYポンド円       
週前半⇒ベース下降
4.75%[→]据え置き
H4 217.37-218.99 下降
D1 215.98-218.97  上昇
***************************************************
USD/JPY ドル円 
週前半⇒ベースレンジ
5.36% [↑]利上げ打ち止めとはいえない 指標次第
H4 115.17-116.66 上昇
D1 114.26-116.71 上昇
***************************************************
EURJPY
3.00%[→]
H4 147.53-148.93下降
D1 146.41-148.96上昇 一旦天井打ちか
  週前半⇒ベース下降
***************************************************
EUR/USDユーロドル  
週前半⇒ベース下降
1.2773-1.288 下降
1.2720-1.2923 上昇
***************************************************
GBP/USDポンドドル  
週前半⇒ベース 下降
H41.8745 -1.8900 下降
D1 1.8560 -1.8900 上昇


***************************************************
★★fximpression 雑感「読ませる工夫」
にほんブログ村 為替ブログへ

今週は「これでも」珍しく更新頻度が高かったが、来週からまた、週2程度の不定期更新に戻ることになる。
 週初めの方向性に変更があった場合や、トレードに飽きたらその日の売買のポイントを更新といういつもの形になる。
 そもそも、更新のネタになりやすい市況記事は 左右のサイドバーで市況が確認可能であるし、わざわざ既に配信されたもの劣化させて記事として更新することに何の意味も見出せない。
 強いて言えばアクセス位だろうか。昨今RSSのせいで更新さえすればアクセスが取れるようになっている。アクセスがあるのは人気だからではなく更新するからである。 更新→アクセス増加→ランキング上位→さらにアクセス増加 こういう形になるのだとアクセスに疎い私は最近気づいた。
 しかし見に行っても がっかりするような記事だらけでは元も子もない。記事を小分けにして一日に数回出しているだけのところなど閲覧も多いだろうが、滞在時間など3秒くらいのはずだ。
 なぜなら割と長く記事を読む方の私が3秒くらいで出て行くからだ。
 私はそれなりに面白いとおもった記事だとアドセンスをふんで出て行くが、小分け記事スタイルのブログではなぜか踏んで出て行った記憶がない。
 読ませる工夫がないのだろう。記事を斜めに読んで、ああさっきのニュースのことかと思わせた時点で負けである。予測可能な記事は目に留まらない。読ませる工夫というのは大事だなと思う。
 市況ネタを記事とする場合、読ませる工夫というのは、次にどういう流れになりやすいのか 過去はどうだったのかの流れなのだろう。
 結局、アフリエイトブームで最近為替を始めたばかりの者が投稿するとああいう市況をなぞっただけの記事になる。過去の細かいレートは知らない。過去がわからないから次が見えない。ネタや切り口が他ブログやレポートと重複し、ちょっと調べれば分かるだろうというような確率の低いエントリーが恰も法則のように出回るのが現状になる。
 そういう読ませる工夫という観点で自分のブログを再度見直してみることにした。なるほど読ませる工夫や配慮がまるでないw。
 広告自体ないので別に広告を踏んでもらう為に滞在時間などどうでもよく、一目がどうとか フィナボッチがどうとか、周期がどうとか エリオット波動がどうとかそういうものはすべて端折っている。
 
 気が向けば、わざとらしく読ませる工夫の観点から記事を書いてみようかなと思うが、まだまだ先の話になりそうだ。
 
****************************************************
FXCM-J スプレッド拡大へ


財政がヤバイのかどうなのかは知らない、一律2p程度のスプレッドを上げるというのはどういうものか
今は使ってもいないしどうでもいいのだが、某掲示板で工作員もいる可能性があるらしく、情報として偏っている。
かつて使用していた時期があったので、現実にあった話として書いておく。
★使用スタイル
 指標の時は何もしていない。基本は指値対応で仕切りは時折成行きで裁定取引とはおおよそいえないものだったにもかかわらず、3ヶ月くらいでディラーチェックで追い出される羽目に・・
★枚数 
枚数は1ショット300枚前後それを何回か繰り返す感じのスタイルだった
抜き幅10ー20p ストップロス無し

怪しい取引をしていなくても追い出される。
スポンサーサイト




コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
⇒ http://fximpression.blog52.fc2.com/tb.php/201-88061eab

HOME

copyright © 2005 tuxed all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
市況&BOOKMARK

・要人発言/指標結果
***************
◆相互リンクサイト
・NYANKOSTATION
・SKILL.UP.FX
・新米の外国為替証拠金取引
・スウィングシステムFX
・しろふくろうFX研究所
・blog.xforce.jp
・FXポジション日記!
・各ペア月別傾向
***************
◆外為CHAT
・NSチャット
・共有チャット
・仮面チャット
***************
◆COUNCILツール
・FX.COUNCILRSSリーダー
・FX.COUNCILアンテナ
***************
◆市況 指標結果
・相場市況概況*
・市況2
・今週の経済指標
***************
にほんブログ村 為替ブログへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSフィード