FC2ブログ

指標結果&新着記事
人気ブログランキング - ★ FX.COUNCIL
●RECENT ENTRIES


登録ツールズ+

説明文を良くお読みください
 ドル円ポンド円売買ツール


Result:

by FX.COUNCIL

QRコード
QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


市況概況&BOOKMARK
◆◆FX.COUNCIL RSSリーダー◆◆

月別アーカイブ
前の月(10月)2005年11月のアーカイブ次の月(12月)

  • 今週 - No19 at 2005年11月22日  (Tue)  05:00:00  [ポンド円(GBP/JPY)想定レンジBY.FX.COUNCIL 外国為替証拠金]
    金融占星術的には今週は23日TK中が大荒れの日にちになってる米ドル円:+108円 -112円 [↑]利上げペース3月まで織り込み済 据え置きはサプライズユーロ円: +78円 -84円  [→]利上げ観測は依然有り インフレ率が低ければ、ECBは来年利上げの必要はない (先週は訂正の訂正のような表現)ポンド円:+245円 -252円 [↓]年末以降に追加利下げか 要人発言注意 今週の議事録注意豪ドル円:+122円 -128円  [→]年内は据え置き...
    ... ⇒全文

  • 概況 - No18 at 2005年11月13日  (Sun)  21:28:19  [ポンド円(GBP/JPY)想定レンジBY.FX.COUNCIL 外国為替証拠金]
    ********************************************************************対ドル円  ↑117  押し目買い   金利↑   来年3月↑*セントルイス中銀プール総裁 9:15米経済は力強く、インフレリスクは情報に傾いている米経済成長とインフレ見通しから見てFRBはリスク回避策が必要前回のFOMC声明、今後も利上げが継続することを示唆金利への判断変更望むなら、FRBは声明内容を変更していたドル円は週末調整終了と見る ...
    ... ⇒全文

  • ・・・ - No14 at 2005年11月05日  (Sat)  18:16:46  [COUNCILALERT BY.FX.COUNCIL スイングトレード方向]
    7日東京市場でドル/円は高値圏でのもみ合いか。米金利先高感を背景とするドルの強地合いが続いている。ただ、来週は米経済指標などの発表が少ないため、材料難から、溜まったドル買いポジションの利益確定の売りが出やすい1ヶ月後のドル円の予測平均レートは116.31円(ドル最高値予測118.00円/最安値予測113.00円)ということです。また、3ヶ月後は115.44円(最高値予測123.00円/最安値110.00円)、6ヵ月後は113.17円(最高値120.0...
    ... ⇒全文


概況
[20051126]
***************************************
★追記
***************************************
CHART/ レンジチャート/ 15Mチャート


***************************************
今週の予定日経・主な材料・政策金利発表日政策金利昨日概況主要経済指標今週指標
前日各通貨4本値・ 時系列 USD/JPY GBP/JPY

米ドル円:+108円 -112円 [↑]利上げペース3月まで織り込み済 据え置きはサプ
ライズ
ユーロ円: +78円 -84円  [→↑]利上げ観測は依然有り ロイターがエコノミストに
調査(22-24日、対象者63人)
したところによると、全員が+0.25%利上げを予想

ポンド円:+245円 -252円 [↓→]利下げの方向性は薄い 
豪ドル円:+122円 -128円  [→]年内は据え置きか
スイス円: +14円  -20円  [→]景気低迷で年内は据え置きか
カナダ円: +61円 -67円  [↑]利上げ様相
NZD円:+140円 -146円  [→]年内は据え置きの公算
SGD円: +31円  -37円 [→]当面は2%付近で推移か 

********************************************************************
反転地合

11/28 (月) 08:50 大型小売店販売額-10月 速報値 前年比 -3.2% -2.7%
08:50 小売業販売額-10月 速報値 前年比 0.5% 0.1%
24:00 中古住宅販売件数-10月 720万件 728万件


********************************************************************
11/29 (火) 08:30 失業率-10月 4.2% AAA
08:30 有効求人倍率-10月 0.97
08:50 鉱工業生産-10月 0.4%
16:45 生産者物価指数-10月 0.6%
18:30 消費者信用残高-10月 12億GBP
22:30 鉱工業製品価格-10月 -0.2% 0.4%
22:30 経常収支-Q3 87億CAD 47億CAD
22:30 耐久財受注-10月 1.4% -2.4%
24:00 消費者信頼感指数-11月 90.0 85.0
24:00 新築住宅販売件数-10月 120万件 122.2万件


16:45 (仏) 10月住宅着工許可 - -
16:45 (仏) 10月生産者物価指数 前月比+0.2% -
18:30 (英) 10月マネーサプライM4・確報 - -
18:30 (英) 10月消費者信用残高 13億ポンド -
22:30 (加) 第3四半期経常収支 88億カナダドルの黒字 -
22:30 (米) 10月耐久財受注 前月比+1.5% -
24:00 (米) 10月新築住宅販売件数 120万件 -
24:00 (米) 11月消費者信頼感指数 90.0 -
********************************************************************
月末510 
11/30 (水) 06:45 住宅建設許可-10月 -2.5%
09:30 小売売上高-10月 -0.3%
15:45 消費者物価指数-11月 0.9%
16:45 失業率-10月 9.8%
16:50 消費者信頼感指数-11月 -30
17:55 失業率-11月 11.6%
19:00 業況判断指数-11月 0.15
19:00 鉱工業信頼感-11月 -6
19:00 消費者信頼感-11月 -13
19:00 経済信頼感-11月 100.5
19:00 消費者物価指数速報-11月 2.5%
19:00 GDP-Q3 0.3%
19:30 GFK消費者信頼感指数-10月 -8 A
22:30 GDP-Q3 0.2% 0.5%
22:30 実質GDP-Q3 4.1% 3.8%
22:30 個人消費-Q3 3.9% 3.9%
24:00 シカゴ購買部協会景気指数-11月 60.0 62.9
28:00 ベージュブック マーケットニュース参照


11/30
(水) 06:45 (NZ) 10月住宅建設許可 - -
09:30 (豪) 10月小売売上高 前月比+0.4% -
15:45 (スイス) 11月消費者物価指数 前月比-0.2% -
16:00 (独)10月小売売上高指数 前月比+0.8% -
16:45 (仏) 10月失業率 - -
16:50 (仏) 11月消費者信頼感指数 -30.0 -
19:00 (日) 外国為替平衡操作の実施状況 - -
19:00 (ユーロ圏) 11月消費者物価指数・速報 前年比+2.4% -
19:00 (ユーロ圏) 第3四半期GDP・一次発表 前期比+0.6% -
19:30 (英) 11月GFK消費者信頼感調査 -6.0 -
22:30 (加) 9月GDP 前月比+0.2% -
22:30 (加) 第3四半期GDP 前期比年換算+3.7% -
22:30 (米) 第3四半期GDP 前期比年率+4.1% -
22:30 (米) 第3四半期個人消費 前期比+3.9% -
24:00 (米) 11月シカゴ購買部協会景気指数 60.0 -
28:00 米地区連銀経済報告(ベージュブック)


********************************************************************
G7 開始  新月
12/1 (木) 09:30 経常収支-Q3 -126.4億AUD
15:45 GDP-Q3 0.3%
17:30 SVME-購買部協会景気指数-11月 56.8
19:00 失業率-10月 8.4%
21:45 ECB政策金利 2.25% 2.00%
22:30 個人所得-10月 0.5% 1.7%
22:30 個人支出-10月 0.2% 0.5%
22:30 PCEコア・デフレーター(前年比)-10月 1.9% 2.0%
22:30 新規失業保険申請件数 32.3万件 33.5万件
24:00 建設支出-10月 0.5% 0.5%
24:00 ISM製造業景況指数-11月 58.0 5



12/1
(木) 08:50 (日) 11/26までの対外及び対内証券売買契約等の状況 -
09:30 (豪) 第3四半期経常収支 127億豪ドル赤字 -
15:45 (スイス) 第3四半期GDP 前期比+0.5% -
17:30 (スイス) 11月SVME購買部協会景気指数 57.0 -
17:55 (独) 11月失業率 - -
19:00 (ユー口圏) 10月失業率 - -
21:45 欧州中銀金融政策発表
22:30 (米) 10月個人所得 前月比+0.5% -
22:30 (米) 10月米個人支出 前月比+0.2% -
22:30 (米) 11/27までの週の新規失業保険申請件数 32.3万件 -
24:00 (米) 10月建設支出 前月比+0.5% -
24:00 (米) 11月ISM製造業景況指数 58.0 -
********************************************************************

12/2 (金) 09:30 住宅価格-Q3 -0.5% -0.1%
21:00 失業率-11月 6.6% 6.6% AAA
22:30 失業率-11月 5.0% 5.0%
22:30 非農業部門雇用者数-11月 21.5万人 5.6万人


12/2
(金) 19:00 (ユーロ圏) 10月生産者物価指数 前月比+0.3% -
21:00 (加) 11月失業率 - -
22:30 (米) 11月失業率 - -
22:30 (米) 11月非農業部門雇用者数 +21.5万人 -



 先週(11/21~11/25)発表済みの経済指標

今週(11/28~12/2)発表予定の経済指標へ>>
日付 時刻 内容 予想 結果
11/21
(月) 19:00 (ユーロ圏) 9月貿易収支 100万ユーロの黒字 140万ユーロの黒字
22:30 (加) 9月小売売上高 前月比±0% 前月比-0.9%
24:00 (米) 10月景気先行指数 前月比+0.7% 前月比+0.9%
11/22
(火) 08:50 (日) 9月第3次産業活動指数 前月比-0.4% 前月比-0.7%
16:00 (独) 第3四半期GDP・ニ次発表 前年同期比+1.3% 前年同期比+1.3%

16:15 (スイス) 10月貿易収支 - 11.55億スイスフランの黒字
21:00 (加) 10月消費者物価指数 前月比-0.2% 前月比-0.5%
28:00 (米) FOMC議事録(11月1日分)
引き続き経済はしっかりとしたペースで成長、底流にあるインフレへの見通しを重
大な懸念とし、全委員が利上げ継続の必要性を認識としながらも、一部のメンバ
ーが利上げの行き過ぎを警戒していると発表。
11/23
(水) 勤労感謝の日
18:30 BOE議事録            9対0の全会一致で金利据置きを決定
22:30 (加) 10月景気先行指数 前月比+0.3% 前月比+0.5%
22:30 (米) 11/20までの週の新規失業保険申請件数 31.8万件 33.5万件
23:45 (米) 11月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値 80.5 81.6
11/24
(木) 米国休場(サンクスギビングデー)
08:50 (日) 10月通関ベース貿易収支 8789億円の黒字 8221億円の黒字
14:00 日銀金融政策決定会合議事要旨(10月11・12日分)
18:00 (ユーロ圏) 9月経常収支・季調前 35億ユーロの赤字 48億ユーロの赤字

18:00 (独) 11月IFO景況指数 98.4 97.8
11/25
(金) 06:45 (NZ) 10月貿易収支 - 8.82億NZドルの赤字
08:30 (日) 10月全国消費者物価指数 前年比-0.7%
除生鮮前年比±0% 前年比-0.7%
除生鮮前年比±0%
08:30 (日) 11月東京都区部消費者物価指数 前年比-1.0%
除生鮮前年比-0.2% 前年比-0.9%
除生鮮前年比-0.3%
08:50 (日) 10月企業向けサービス価格指数 - 前年比-0.6%
08:50 (日) 11/19までの対外及び対内証券売買契約等の状況 対内株式投資:5595億円資本流入超
対内債券投資:3378億円資本流入超
対外債券投資:2233億円資本流出超
18:30 (英) 第3四半期GDP・二次発表 前期比+0.4% 前期比+0.4%
19:30 (スイス) 11月KOF先行指数 0.85 1.12




********************************************************************
ドル
年末は米国雇用促進法絡みの実需のドルが期待できる
米感謝祭を挟み薄商いとなるなかテクニカル主導の展開

来年1月~3月から本格化するハリケーン被害の復興特需が、想定以上の米景気の上
振れをもたらす可能性が出てきたため、それが米国の利上げ打ち止め観測を打ち消す
のではないかという話が浮上してきているみたいですね。1月からは被災した企業や個
人に保険金が支払われるということで、これが米景気を刺激するとの見方


********************************************************************


内閣府がエネルギーなどを除く米国の算出方式で独自に分析したところ、米国式の方が
物価が下落していることが判明したそうで、ますます量的金融緩和解除が遠のいてしまっ
た。このような状況下では、まだまだ円売りが続く

********************************************************************
ポンド
欧州時間には英国中銀キング総裁は利上げの
可能性を示唆
BOEは23日のBOE理事会が9:0で金利据え置きが決まり、利上げと利下げの金利のリスク
は均衡しているとの内容であったため、目先のポンド叩き売りは一旦影を潜めた
先日の11月CBI製造業がぱっとしなかったことに代表される製造業分野の停滞が改善され
ない限り、たとえ消費が堅調であったとしても先行きは暗い。 ただし住宅需要は利下げに
より底入れの可能性が出ており、住宅需要増大から製造業の需要喚起に結びつけば、
消費の拡大からやがては利上げ観測が浮上する、というシナリオも予想される


11/24 バーカーBoE金融政策委員会委員
「MPCの成長予想にはダウンサイドリスクがある」
11/24 ニッケルBoE金融政策委員会委員
「予想通りに英経済が減速から回復すれば、金利の追加的な変更は必要とされてい
ないように思える」
11/24 キングBoE総裁
「エネルギー価格が前年比で下落しており、インフレ率は来年2%の目標を下回る可能
性がある」「生産の伸びは今年初めの低水準から回復している」「現状の為替レートか
らすれば輸出はさらに伸びる可能性がある」
********************************************************************
ユーロ
一方でユーロは独Ifoが予想を下回ったことで、ECBが継続して利上げを行うとの市場見
通しが後退した。 とはいっても先日ロイターがエコノミストに調査(22-24日、対象者63人)
したところによると、全員が+0.25%利上げを予想、すでに12月の利上げは織り込み済み
のため、早くも次の矢が出るかがポイント




ユーロは、ロンドン時間序盤に発表されたIFO景況感指数が事前予想を下回ったことから
ユーロ売り優勢の寄り付きとなったものの、欧州中央銀行(ECB)の利上げ観測がIFO景況
指数の低下を招いたが、利上げが実施されてもドイツの景気回復に著しい影響を与えるこ
とはないとの見通しが一部のアナリストから示されたことで、ユーロの下値は限定された



11/24 ブルトン仏経済財務産業省
「引き続き現時点での利上げの必要性を確信していない。仏およびユーロ圏でインフレ
率の上昇リスクは見られない」
11/24 アルムニア欧州委員会委員
「インフレへの二次的な影響はこれまでのところ弱い。インフレ期待が今後数ヶ月で上
昇しないことを望む」
11/24 トゥンペルグゲレルECB理事
「2006年のインフレ率は恐らく2%を超えるであろう」
11/24 カルアナ・スペイン中銀総裁
「利上げが住宅ローンを抱える人々に悪影響を及ぼす可能性があるかもしれないが、
どのような場合でも、利上げは緩やかなものとなるであろう」
11/24 シュタルクBUBA副総裁
「ECBの利上げはドイツやユーロ圏の経済成長を妨げない」「VATの引き上げがユー
ロ圏のインフレ率に与える影響は限定
11/24 ノワイエ仏中銀総裁
「HIICPの水準はだいたい2%近辺に止まってきた。このことから、主な目標を達成でき
ている」「原油価格が高止まりするという認識が生まれることで、インフレ期待値は2%
を超えるところまで上昇。今後インフレ率の動きに特に警戒を強める必要がある」

********************************************************************
11/24 中国国家外為管理局
外国通貨に対する人民元取引でのマーケットメーカー制を導入
11/24 日銀金融政策決定会合議事要旨(10/11、12日開催分)
「(ある委員)デフレか否かの判断のために、家計が消費する対象となる消費財やサ
ービス価格を中心にみるなら、GDPデフレーターは必ずしも適当な指標ではない」、
「(別の委員)物価情勢の判断は、CPIの上方バイアスも考慮した実勢ベースでみ
ていくことが重要」、「企業部門の好調は家計部門にも着実に波及しているとの
認識を共有」「市場参加者の間に、景気回復の持続性や2006年度にかけて
量的緩和政策の解除の可能性が高まっていくとの見方が浸透したとの認識を共有」



米ドル円:+108円 -112円 [↑]利上げペース3月まで織り込み済 据え置きはサプ
ライズ
ユーロ円: +78円 -84円  [→↑]利上げ観測は依然有り ロイターがエコノミストに
調査(22-24日、対象者63人)
したところによると、全員が+0.25%利上げを予想

ポンド円:+245円 -252円 [↓→]利下げの方向性は薄い 
豪ドル円:+122円 -128円  [→]年内は据え置きか
スイス円: +14円  -20円  [→]景気低迷で年内は据え置きか
カナダ円: +61円 -67円  [↑]利上げ様相
NZD円:+140円 -146円  [→]年内は据え置きの公算
SGD円: +31円  -37円 [→]当面は2%付近で推移か 
★他のトレーダーの予想は外国為替証拠金ランキングから 続きを読む
スポンサーサイト




今週
[20051122]
金融占星術的には今週は23日TK中が大荒れの日にちになってる
米ドル円:+108円 -112円 [↑]利上げペース3月まで織り込み済 据え置きはサプ
ライズ
ユーロ円: +78円 -84円  [→]利上げ観測は依然有り インフレ率が低ければ、ECB
は来年利上げの必要はない (先週は訂正の訂正のような表現)
ポンド円:+245円 -252円 [↓]年末以降に追加利下げか 要人発言注意 今週の議事録注意
豪ドル円:+122円 -128円  [→]年内は据え置きか
スイス円: +14円  -20円  [→]景気低迷で年内は据え置きか
カナダ円: +61円 -67円  [↑]利上げ様相
NZD円:+140円 -146円  [→]年内は据え置きの公算
SGD円: +31円  -37円 [→]当面は2%付近で推移か 

ゼロ金利解除は当面先[→]
原油[→↑] 15万バレル/一日増加 変化なし
人民元[→↑] 12月のG7では議題は未だ上がらず。小幅切り上げにとどまる。今週
末注意 対ドルでの切り上げはそろそろか?
円  [→] 現在の為替、特段円安とは認識していない。あわててアクションをとる水
準ではない。










11/22 (火) 08:50 第三次産業活動指数-9月 -0.4% -0.7% 1.7%
08:50 企業活動指数-9月 -0.1% +0.3% 1.1%
16:00 GDP-3Q 0.6% 0.6%
16:00 個人消費-3Q -0.2% -0.3%
16:00 設備投資-3Q 1.2% 0.6%
16:00 輸入-3Q 2.6% 2.3%
16:00 輸出-3Q 3.3% 1.2%
16:15 貿易収支-10月 N/A 13億CHF
21:00 消費者物価指数-10月 -0.2% 0.9%
28:00 FOMC議事録(11月1日開催分) Market News参照   AAA





16:00 (独) 第3四半期GDP・ニ次発表 前年同期比+1.3% -
16:15 (スイス) 10月貿易収支 - -
21:00 (加) 10月消費者物価指数 前月比-0.2% -
28:00 (米) FOMC議事録(11月1日分)

********************************************************************
11/23 (水) 18:30 BOE議事録 Market News参照 AAA
22:30 景気先行指数-10月 0.3% 0.3%
22:30 新規失業保険申請件数 31.8万件 30.3万件
23:45 ミシガン大消費者信頼感指数-11月 80.5 79.9
勤労感謝の日


18:30 BOE議事録
22:30 (加) 10月景気先行指数 前月比+0.3% -
22:30 (米) 11/20までの週の新規失業保険申請件数 31.8万件 -
23:45 (米) 11月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値 80.5 -
********************************************************************
11/24 (木) 06:45 生産者物価生産高-3Q N/A 1.2%
08:50 通関ベース貿易収支-10月 8750億円 9570億円 AA
14:00 日銀議事録 Market News参照
18:00 経常収支-9月 N/A -29億EUR
サンクス・ギビング・デー


08:50 (日) 10月通関ベース貿易収支 8789億円の黒字 -
14:00 日銀金融政策決定会合議事要旨(10月11・12日分)
18:00 (ユーロ圏) 9月経常収支・季調前 - -

********************************************************************
11/25 (金) 06:45 貿易収支-10月 N/A -9.92億NZD
08:50 全国消費者物価(季調済)-10月 -0.1% 0.2%
18:00 IFO現況評価値-11月 99.0 98.9
18:30 GDP-3Q 0.4% 0.5%
18:30 個人消費-3Q 0.4% 0.4%
18:30 輸出指数-3Q 0.4% 4.4%
18:30 輸入指数-3Q 1.4% 1.9%


11/25
(金) 06:45 (NZ) 10月貿易収支 - -
08:30 (日) 10月全国消費者物価指数 前年比-0.7%
除生鮮前年比±0% -
08:30 (日) 11月東京都区部消費者物価指数 前年比-1.0%
除生鮮前年比-0.2% -
08:50 (日) 10月企業向けサービス価格指数 - -
08:50 (日) 11/19までの対外及び対内証券売買契約等の状況 -
18:00 (独) 11月IFO景況指数 98.4 -
18:30 (英) 第3四半期GDP・二次発表 前期比+0.4% -   AAA
19:30 (スイス) 11月KOF先行指数 0.85 -

★他のトレーダーの予想は外国為替証拠金ランキングから

概況
[20051113]
********************************************************************
対ドル円  ↑117  押し目買い   金利↑   来年3月↑
*セントルイス中銀プール総裁 9:15
米経済は力強く、インフレリスクは情報に傾いている
米経済成長とインフレ見通しから見てFRBはリスク回避策が必要
前回のFOMC声明、今後も利上げが継続することを示唆
金利への判断変更望むなら、FRBは声明内容を変更していた
ドル円は週末調整終了と見る





【日本】 円安 ↓  円売り  金利  年内→  来年?
*内閣府 14:25
機械受注は増加を続けている
9月の受注減少は、反動が主因
10?12月期に6.2%増の見通しを達成する為には
各月5.4%増が必要

*渡辺 財務官 18:37
現在の為替、特段円安とは認識していない。
あわててアクションをとる水準ではない。
12月G7はエネルギー価格が一番大きな課題、世界的な金利上昇も議論。
12月G7、中国含めG7以外の国を呼ぶ計画は聞いていない。
G7では人民元を切上げろという議論はしていない。


【中国】
中国サイド  ドル買い→
*人民銀行副総裁 12:07
人民元相場の公式な調整はおこなわない  
人民元のレートは主に需給によって決定される

米国サイド 対ドルでの人民元切り上げ要求 ↓
今週の訪問
********************************************************************

対ユーロドル  ↓ 1.1865 戻り売り  金利 年内→ 来年→
ドイツ付加価値税率アップを決めるという報道も
ユーロ売りを支持

暴動
「著名な金融コンサルタント会社が“ECBが年内に利上げすることは
ない”と予想している」との噂や米企業のユーロ売



米貿易収支は史上最大の赤字額を記録も
ドル売りは限定的、その後ドル買いが進み
ユーロは2003年11月以来の安値圏


【ユーロ圏】
*ブルトン 仏財務相 16:30
仏第3四半期GDP伸び率+0.7%。

*ブルトン 仏財務相 16:39
仏電力公社(EDF)の株50%以上を個人投資家に割り当てる。

*レインデルス ベルギー財務相 17:19
インフレ率が低ければ、金利→据え置き

*ECB月報 18:01   金利→据え置き
原油などの物価リスクや通貨供給量・信用の伸びに強い警戒必要。
物価上昇圧力が継続しているが、ECBの金融政策は依然適切。
現在の金利は非常に緩和的、経済を支援している。

*ECB月報 18:05
05年のユーロ圏GDP伸び率は1.3%、06年は1.7%の見通し。
05年のユーロ圏CPI伸び率は2.2%、06年は2.0%の見通し。

*コンスタンシオ・ポルトガル中銀総裁 18:35
中期的なインフレ見通しに強い警戒が必要。
いかなる政策決定も慎重に検討する必要。
ECBは中期的なインフレ見通しを重視することが使命。
これまでのところ二次的なインフレ効果はみられず。

*独連銀 19:09
ドイツ経済は輸出に大きく依存。
内需は成長に寄与せず。
ドイツ経済は世界経済の失速に対しては脆弱。

*スマギ ECB専務理事 21:07
12月に利上げするかどうかは何も決まっていない。

*ウェーバー ドイツ連銀総裁 21:10
欧州中央銀行(ECB)の金融政策は景気を支援している。

*トリシェ ECB総裁 今日08:25
欧州はより競争的な市場を必要としている。
ECBを代表して発言するのは私だけ。


ポンド 

     年内 金利→  来年?
     対ドル↓ 戻り売り
     対円 → レンジ逆張り
     対 ユーロ レンジ逆張り
【原油市場】
IEAの月報で2006年の世界の原油需要見通しを4ヶ月連続で下方修正
されていた事から売りが優勢となった。IEAは価格上昇や温暖な気候が
原油の需要を低下させると予測しているようだ。
NYMEX原油先物価格(12月限)は57.80ドルでこの日の取引を終えた。






マーケットではニュージーランド準備銀行(RBNZ)が12月8日に政策金利を0.25%に引
き上げて7.25%にする可能性が高まったとの声が多くなっており、一部からは0.5%
幅の利上げを予想する声も聞かれている。
オーストラリアとニュージーランドの金利差拡大の可能性が着目されており、しばら
くは豪ドル売り・NZドル買いのフローが続きそう


********************************************************************

豪ドル/ドル
.7250からはストップロス


NZドル/ドルは0.6920レベルに買いサイドのストップ

対円でも豪ドルは86.50円からは売り

NZドル/円は本邦からの買いが断続的に続いており
********************************************************************

********************************************************************
14日(1010)グリーンスパン米FRB議長が「経常収支」について
ビデオコンファレンスで講演
(1100)財務省4週間物TB入札条件
(1300)財務省3カ月・6カ月物TB週間定例入札

********************************************************************

米貿易収支は史上最大の赤字額を記録もドル売りは限定的、その後ドル買いが進み
ユーロは2003年11月以来の安値圏に。

ドイツ付加価値税率アップを決めるという報道もユーロ売りを支持






【その他】
* IEA(国際エネルギー機構)18:08
06年の中国原油需要見通しを引き下げー燃料油消費減と予想。

*国際エネルギー(IEA)月報 19:43
2005年の世界のエネルギー需要の伸び予想を下方修正したー4カ月連続。




【原油市場】
IEAの月報で2006年の世界の原油需要見通しを4ヶ月連続で下方修正
されていた事から売りが優勢となった。IEAは価格上昇や温暖な気候が
原油の需要を低下させると予測しているようだ。
NYMEX原油先物価格(12月限)は57.80ドルでこの日の取引を終えた。




********************************************************************

15日(0330)オルソン米FRB理事がベルギーで「米国での統合化された国内支
払いシステム開発」について講演
(0845)モスコウ・米シカゴ地区連銀総裁、
「経済見通し」についてシカゴで講演
(1000)上院銀行委員会、次期FRB議長に指名されたバーナンキ氏の
指名承認公聴会
(1050)ファーガソン米FRB副議長がメキシコで「資産価格水準とボラテ
ィリティーに関する安定と経済成長」についての会議で講演
(1300)財務省4週間物TB入札
(1300)フィッシャー・米ダラス地区連銀総裁が「グローバル化のFRBの
政策決定への影響」についてダラスで講演




********************************************************************


16日(1200)サントメロ米フィラデルフィア地区連銀総裁がフィラデルフィアで
の式典で挨拶
(1830)サントメロ米フィラデルフィア地区連銀総裁がニューヨークでの式
典で挨拶






********************************************************************

17日(0845)ピアナルト米クリーブランド地区連銀総裁が「教育における改革」に
ついての会議で開会挨拶
(1100)プール米セントルイス地区連銀総裁がケンタッキー大学で
「インフレ動向の追跡」について講演
(1100)財務省3カ月・6カ月物TB週間定例入札条件
(1200)モスコウ米シカゴ地区連銀総裁が「教育における改革」についての会
議での昼食会で講演

********************************************************************
★他のトレーダーの予想は外国為替証拠金ランキングから

・・・
[20051105]
7日東京市場でドル/円は高値圏でのもみ合いか。米金利先高感
を背景とするドルの強地合い
が続いている。ただ、来週は米経済指標などの発表が少ないため、材料
難から、溜まったドル
買いポジションの利益確定の売りが出やすい

1ヶ月後のドル円の予測平均レートは116.31円(ドル最高値予測118.
00円/最安
値予測113.00円)ということです。また、3ヶ月後は115.44円(最高値
予測123.00円/
最安値110.00円)、6ヵ月後は113.17円(最高値120.00円/最安値105.00円)

英石油大手
BPのブラウンCEOは「原油価格は持続不可能なほど高く、今後値下がり
するだろう」
との見解


ドル円は、確かに一旦天井を迎えそうですが、グリーンスパン米FRB議長
がタカ派的な発
言をしており、根強い米金利の先高観は引き続き継続する


米国では失業率の
統計の取り方が日本と異なり、失業率5.0%付近というのは、ほぼ完全雇
用に近い状態

トリシェECB総裁は現状の金融政策は適切であるとコメントし、一部参加
者の間で広がっ
たタカ派的な思惑を否定した形となりました。ただ、12月、年明けにも
利上げ実施する
との見方も依然見受けられることから、140円を割れて下落が加速する
展開には繋がら
ず、

★他のトレーダーの予想は外国為替証拠金ランキングから

今週の指標
[20051105]
11/7
(月) 14:00 (日) 9月景気動向調査・速報 景気先行指数:50.0%
景気一致指数:55.6% -
15:45 (スイス) 10月失業率 - -
18:30 (英) 9月鉱工業生産 前月比+0.7% -
18:30 (英) 9月製造業生産高 前月比+0.3% -
19:00 (ユーロ圏) 9月小売売上高 前月比-0.8% -
22:30 (加) 9月住宅建設許可 前月比-4.6% -
29:00 (米) 9月消費者信用残高 60億ドル -











11/7 (月) 09:30 RBA四半期報告 マーケットニュース参照
14:00 景気先行指数-9月 速報値 50.0% 100.0%
14:00 景気一致指数-9月 速報値 55.6% 80.0%
15:45 失業率-10月(季調済) 3.8% 3.8%
18:30 鉱工業生産-9月 0.9% -0.9%
18:30 製造業生産高-9月 0.3% -0.2%
19:00 小売売上高-9月 N/A 0.9%
20:00 鉱工業生産-9月 速報値 0.8% -1.6%
22:30 住宅建設許可-9月 -4.8% 10.2%
29:00 消費者信用残高-9月 60億$ 49億$


****************************************************************
11/8
(火) 16:45 (仏) 9月財政収支 - -
22:15 (加) 10月住宅着工件数 22.5万件 -



11/8 (火) 16:00 景気ウォッチャー調査・現況-10月 51.7
16:45 財政収支-9月 -627億EUR
22:15 住宅着工件数-10月 22.5万件 22.96万件
****************************************************************
11/9
(水) 08:50 (日) 10月マネーサプライM2+CD 前年比+2.2% -
16:00 (日) 10月景気ウォッチャー調査 現状判断DI:52.2
先行き判断DI:- -
16:00 (独) 9月貿易収支 130億ユーロの黒字 -
16:00 (独) 9月経常収支 56億ユーロの黒字 -
24:00 (米) 9月卸売在庫 前月比+0.4% -



11/9 (水) 09:30 住宅ローン-9月 -0.2%
15:00 工作機械受注-10月 3.6%
16:00 景気ウォッチャー調査・先行き-10月 51.7
16:00 経常収支-9月 25億EUR
16:00 貿易収支-9月 116億EUR
18:30 貿易収支-9月 -56.21億GBP
24:00 卸売在庫-9月 0.4% 0.5%


***************************************************************
11/10
(木) 06:45 (NZ) 第3四半期失業率 - -
08:50 (日) 11/5までの対外及び対内証券売買契約等の状況 -
09:30 (豪) 10月失業率 - -
14:00 (日) 9月機械受注 前月比-6.2% -
16:40 (仏) 9月鉱工業生産 前月比+0.5% -
16:40 (仏) 9月製造業生産指数 前月比+0.5% -
16:45 (仏) 10月消費者物価指数 前月比+0.2% -
16:45 (仏) 9月貿易収支 25億ユーロの赤字 -
16:50 (仏) 第3四半期GDP 前期比+0.5% -
21:00 BOE政策金利発表

先月
     10/20 ランバートMPC委員
「市場は利下げの可能性を織り込みすぎ」

10/19 英中銀金融政策委員会(MPC)議事録(10/5、6)
9対0で政策金利据え置きが決定された。「(何人かの委員)需要に対する下方
リスクは増加している」「経済成長と物価に対する短期的な見通しは8月のインフ
レレポートから殆ど変化していない」「MPCは需給に関する評価を行うために更なる
時間を要する」「(二次的な)影響が現れた場合には、MPCは従来よりも引き締め気
味の金融政策をとる必要がある」


10/19 ランバート・英中チュウ銀金融政策委員会(MPC)委員
「MPCはいかなる二次的影響に対しても果断に行動する」「我々はインフレ見通しに関する
あらゆる指標に対し、より多くの注意を払っている」「消費者の態度が依然慎重で、企業を
取り巻く環境もまちまちであることを考慮すると、我々のインフレ見通しは高すぎるかもしれ
ない」

10/13 ブラウン財務相
「英国の消費は昨年ほどのペースではないが、増加している」「英経済は成長を続けており
、それは向こう数ヶ月持続する見通し」


10/13 タッカーMPC委員
「予防的な利下げを実施した場合、いずれかの時点でそれを元に戻さなければならなくなる
ため、そうした環境下で我々が行うことに関しては立場を明確にする必要がある」「(現在の
金利)中立かやや緩和
気味だが、こうした判断は大変不透明なものにならざるを得ない」。ウオートン委員「現在、英
経済は潜在成長率を若干下回るペースとなっている」「英国の消費低迷は暫く続く見通し」


10/12 キングBOE総裁
「利下げを約束することは出来ず、11月の会合までいかなる決定も行わない」


10/11 キングBOE総裁
「最も重要なことは、将来の金利の行方について柔軟性を維持すること」「どの水準に政策金
利を設定するかという問題は需要と潜在成長率の水準に関する不透明感に影響を受ける。経
済指標は強弱まちまちで、減速の程度は不透明」


22:30 (米) 11/6までの週の新規失業保険申請件数 32.5万件 -
22:30 (米) 9月貿易収支 608億ドルの赤字 -
22:30 (米) 10月輸入物価指数 前月比±0% -
23:45 (米) 11月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値 76.8 -
28:00 (米) 10月月次財政収支 503億ドルの赤字 -




11/10 (木) 06:45 失業率-Q3 3.7% 3.7%
08:50 輸入物価指数-10月 1.8%
09:30 失業率-10月 5.1% 5.1%
09:30 新規雇用者数-10月 1.5万人 -4.23万人
09:30 労働参加率-10月 64.5% 64.5%
14:00 機械受注-9月 -7.0% 8.2%
15:45 SECO消費者判断-10月 -10 -15
16:40 鉱工業生産-9月 0.5% 0.8%
16:40 製造業生産指数-9月 0.7%
16:45 調和消費者物価指数・EU-10月 0.2% 0.4%
16:45 貿易収支-9月 -23.63億EUR
16:50 実質GDP-Q3 0.6% 0.1%
21:00 BOE政策金利 4.5% 4.5%
22:30 新築住宅価格指数-9月 0.3% 0.4%
22:30 国際商品貿易-9月 59億CAD 56億CAD
22:30 貿易収支-9月 -610億USD -590億USD
22:30 輸入物価指数-10月 0.1% 2.3%
22:30 新規失業保険申請件数 32.5万件 32.3万件
23:45 ミシ大消費者信頼感指数-10月 76.2 74.2
28:00 月次財政収支-10月 -500億USD -573億USD
**************************************************************

11/11
(金) パリ休場(第一次世界大戦休戦記念日)
トロント休場(リメンブランスデー)
米国休場(ベテランズデー)
08:50 (日) 10月国内企業物価指数・速報 前月比±0% -
08:50 (日) 第3四半期GDP・一次速報 前期比+0.3% -
13:30 (日) 9月鉱工業生産・確報 前月比+0.2% -
13:30 (日) 9月設備稼働率・確報 - -
14:00 (日) 10月消費者態度指数 - -



11/11 (金) 08:50 実質GDP-Q3 0.3% 0.8%
08:50 GDPデフレーター-Q3 -1.1% -0.9%
08:50 輸出物価指数-10月 0.1%
13:30 鉱工業生産-9月 0.3% 0.2%
13:30 設備稼働率-9月 103.1
14:00 消費者態度指数-10月 45.6

★他のトレーダーの予想は外国為替証拠金ランキングから

今週予定
[20051105]
11/7
(月) 14:00 (日) 9月景気動向調査・速報 景気先行指数:50.0%
景気一致指数:55.6% -
15:45 (スイス) 10月失業率 - -
18:30 (英) 9月鉱工業生産 前月比+0.7% -
18:30 (英) 9月製造業生産高 前月比+0.3% -
19:00 (ユーロ圏) 9月小売売上高 前月比-0.8% -
22:30 (加) 9月住宅建設許可 前月比-4.6% -
29:00 (米) 9月消費者信用残高 60億ドル -

****************************************************************
11/8
(火) 16:45 (仏) 9月財政収支 - -
22:15 (加) 10月住宅着工件数 22.5万件 -
****************************************************************
11/9
(水) 08:50 (日) 10月マネーサプライM2+CD 前年比+2.2% -
16:00 (日) 10月景気ウォッチャー調査 現状判断DI:52.2
先行き判断DI:- -
16:00 (独) 9月貿易収支 130億ユーロの黒字 -
16:00 (独) 9月経常収支 56億ユーロの黒字 -
24:00 (米) 9月卸売在庫 前月比+0.4% -
***************************************************************
11/10
(木) 06:45 (NZ) 第3四半期失業率 - -
08:50 (日) 11/5までの対外及び対内証券売買契約等の状況 -
09:30 (豪) 10月失業率 - -
14:00 (日) 9月機械受注 前月比-6.2% -
16:40 (仏) 9月鉱工業生産 前月比+0.5% -
16:40 (仏) 9月製造業生産指数 前月比+0.5% -
16:45 (仏) 10月消費者物価指数 前月比+0.2% -
16:45 (仏) 9月貿易収支 25億ユーロの赤字 -
16:50 (仏) 第3四半期GDP 前期比+0.5% -
21:00 BOE政策金利発表
22:30 (米) 11/6までの週の新規失業保険申請件数 32.5万件 -
22:30 (米) 9月貿易収支 608億ドルの赤字 -
22:30 (米) 10月輸入物価指数 前月比±0% -
23:45 (米) 11月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値 76.8 -
28:00 (米) 10月月次財政収支 503億ドルの赤字 -
**************************************************************

11/11
(金) パリ休場(第一次世界大戦休戦記念日)
トロント休場(リメンブランスデー)
米国休場(ベテランズデー)
08:50 (日) 10月国内企業物価指数・速報 前月比±0% -
08:50 (日) 第3四半期GDP・一次速報 前期比+0.3% -
13:30 (日) 9月鉱工業生産・確報 前月比+0.2% -
13:30 (日) 9月設備稼働率・確報 - -
14:00 (日) 10月消費者態度指数 - -
★他のトレーダーの予想は外国為替証拠金ランキングから

ポンド円 2002年11月6日NYの値動き
[20051102]
★他のトレーダーの予想は外国為替証拠金ランキングから 続きを読む

2002年中間選挙 ドル円
[20051101]
★他のトレーダーの予想は外国為替証拠金ランキングから 続きを読む

テスト
[20051101]
★他のトレーダーの予想は外国為替証拠金ランキングから

2004年11月03日 ポンド円 米選挙の値動き
[20051101]
**************************************
人気ブログRANKING/JOBRANKING/ニューヨーク為替市場レポート/マーケットフォーサイト/《外国為替-今日のポイント》 
***************************************★他のトレーダーの予想は外国為替証拠金ランキングから 続きを読む

HOME NEXT

copyright © 2005 tuxed all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
市況&BOOKMARK

・要人発言/指標結果
***************
◆相互リンクサイト
・NYANKOSTATION
・SKILL.UP.FX
・新米の外国為替証拠金取引
・スウィングシステムFX
・しろふくろうFX研究所
・blog.xforce.jp
・FXポジション日記!
・各ペア月別傾向
***************
◆外為CHAT
・NSチャット
・共有チャット
・仮面チャット
***************
◆COUNCILツール
・FX.COUNCILRSSリーダー
・FX.COUNCILアンテナ
***************
◆市況 指標結果
・相場市況概況*
・市況2
・今週の経済指標
***************
にほんブログ村 為替ブログへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSフィード