FC2ブログ

指標結果&新着記事
人気ブログランキング - ★ FX.COUNCIL
●RECENT ENTRIES


登録ツールズ+

説明文を良くお読みください
 ドル円ポンド円売買ツール


Result:

by FX.COUNCIL

QRコード
QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


市況概況&BOOKMARK
◆◆FX.COUNCIL RSSリーダー◆◆

Category Area
現在表示しているカテゴリ = 【製造業/サービス業】
カテゴリ一覧
ポンド円(GBP/JPY)想定レンジBY.FX.COUNCIL 外国為替証拠金 (196) |本日の売買のポイント(短期4H) 外国為替証拠金 短期トレード (78) |共同投稿者A・本日のFX相場見通し&指値♪ (0) |PB3/テスト記録 GBP/JPY 売買サイン 為替 (3) |COUNCILALERT BY.FX.COUNCIL スイングトレード方向 (45) |c /テスト記録 GBP/USD 外国為替証拠金売買サイン 為替 (26) |anomaly GBP/JPY  外国為替証拠金 (5) |外国為替 未分類 (14) |雑感 BY.FX.COUNCIL (6) |製造業/サービス業 (6) |雇用市場 (3) |景気全般 (7) |個人消費 (6) |anomaly USD/JPY  外国為替証拠金 (3) |物価 / 貿易収支 (3) |金融政策 (2) |鉱工業生産 industrial production (1) |コマ足でみたポンド円 FX (2) |暇つぶし (13) |ドル円(USD/JPY)想定レンジFX 外国為替 (32) |ポンドドル(GBP/USD) 外国為替 売買ポイント (2) |ニュージー円(NZD/JPY) (2) |

フィラデルフィア連銀指数 -Business Outlook Survey-
[20051205]
フィラデルフィア連銀指数 -Business Outlook Survey-
発表機関 フィラデルフィア連邦銀行(Philadelphia Federal Reserve)

発表時期 月次
第3木曜日

ポイント 製造業の景況感を把握する際に利用される。

詳細 【概要】
1) 11項目について1ヶ月前と比較した現状と6ヶ月後の期待を、「良い」「同じ」「悪い」の中から選択させ、インデックス化。
2) 同連銀の管轄地域に対象が限定されているが、全国区のISM指数との相関が比較的高い。



【留意点】
1) 企業活動指数の注目度が高いが、仕入れ価格指数や販売価格指数もインフレ指標として重要。
2) 同種の調査にニューヨーク連銀指数があるが、フィラデルフィア連銀指数の方がマーケットの注目度は高い。
3) 製造業関連指標の流れとしては、15日前後のニューヨーク連銀指数で大まかな方向性を予測し、第3木曜日のフィラデルフィア連銀指数でコンセンサスを形成、翌月第1営業日のISM指数で実際の数値を確認という流れになる傾向がある。



★他のトレーダーの予想は外国為替証拠金ランキングから 続きを読む
スポンサーサイト



2005-12-05(Mon) 06:58 製造業/サービス業 | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

シカゴ購買部協会指数 -Chicago Purchase Manager's Index-
[20051205]
シカゴ購買部協会指数 -Chicago Purchase Manager's Index-
発表機関 キングスバリ・インターナショナル(Kingsbury International Ltd.)

発表時期 月次
最終営業日

ポイント 製造業の景況感を判断する代表的指標の一つ。 地域版なのでISMよりは重要度は
低い。 また事前に漏れてることがある

詳細 【概要】
1) シカゴ地区の製造業の購買担当者に直接インタビューを行い、景況感をインデックス化。
2) 50を超えると製造業セクターの景況感が改善傾向にあると言われる。



【留意点】
1) 製造業関連指標では、フィラデルフィアやニューヨーク連銀の製造業指数もあるが、必ずしもこれらと相関しない。
2) シカゴ地区に限定された指標となるが、直接のインタビューによる指数となる為、現実の景況よりも、製造業界の景況感を占う上で重要となる。
3) この数値が上昇すると、製造業の設備投資拡大に対する期待感が高まる事もある。
4) 基本的に、製造業セクターの最重要指標であるISM指数の前日に発表される為、ISM指数の先行指標として重要。



★他のトレーダーの予想は外国為替証拠金ランキングから
2005-12-05(Mon) 06:58 製造業/サービス業 | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

設備稼働率 capacity utilization
[20051205]
********************************************************************



設備稼働率 capacity utilization
①主な時期について


②為替市場における大小関係






国内にある生産設備をフル稼働させた場合の生産能力を100とし、それを分母にした上
、実際の生産水準を分子にして求めた指標。保守・点検の100%の稼働率というものはあ
り得ず、実際は、80-85%あたりまで行けば、景気過熱かという警戒感が高まってくる。基
本的に鉱工業生産の動きをなぞることになので注目度はそれほど高くない。

設備稼働率は景気拡大期に上昇するが、設備稼働率が85%前後でない限り、稼働率が
上昇してもインフレの兆しとは受け止められないものだ。⇒ Capacity utilization rises du
ring expansions but a rise in utilization will not be perceived to be indicative of inflation
unless the utilization rate is around 85%.
設備稼働率は景気後退期には低下するものだ。⇒ Capacity utilization falls during recession.



********************************************************************

★他のトレーダーの予想は外国為替証拠金ランキングから
2005-12-05(Mon) 06:06 製造業/サービス業 | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

鉱工業生産 industrial production
[20051205]
********************************************************************




鉱工業生産 industrial production
①主な時期について
発表機関 FRB(Federal Reserve System:連邦準備制度)

発表時期 月次
毎月14-17日

②為替市場における大小関係







鉱工業生産指数は、米経済のおよそ45%を占める製造業、鉱業、ガス・電力・水道 (utilities)
等の産出高における推移を表している(逆に言えば残り55%を占めるサービス部門や建設業
などの動きは反映されていない)。この指標は物価上昇分を差引いた実質ベースで発表され
る上、GDPの動きとの相関関係も高いので、GDPの動きを占う上で重視される。

 鉱工業生産の減少は、景気後退が迫っていることと共に金利が先行き低下するとの見通
しに結びつくため、債券投資家にとっては好材料となり、逆に鉱工業生産の予想外の上昇は
、通例、債券相場の下落をもたらす。他面、こうした鉱工業生産の上昇も、株式市場と為替
市場にとっては景気の強さをうかがわせるということで歓迎される。株式投資家であれば企
業収益の拡大を期待し、為替市場の参加者は金利上昇によるメリットを期待するからだ(米
金利高は米証券に対する、従ってドルに対する需要の拡大に結びつくからだ)。

2月の米鉱工業生産は予想を上回る0.7%の上昇となった。US industrial production rose a
larger-than-forecast 0.7 percent in February.
6月の鉱工業生産は9ヶ月連続の低下となった。⇒ Industrial production fell for the ninth
straight month in June






ポイント 製造業部門の生産動向を指数化したもの。景気全般との関係は深い。

詳細 【概要】
1) 鉱工業部門の生産動向を指数化したもの。景気全般との関係が深いが、GDPと比較して、
振幅が激しい。
2) GDPが四半期毎の発表なのに対し、毎月発表される為、景気実態を把握する際の先行指
標として注目される。



【留意点】
1) 米経済に占める製造業の割合は2割程度であるが、景気循環の始まりは製造業部門で
ある為、注意が必要。特に、自動車等の耐久財のウェイトが大きい。
2) 同時に発表される設備稼働率(Capacity Utilization)も設備投資・インフレの先行指標
として重要。稼働率が上昇すると設備の不足感が高まる為設備投資に対する先行性があ
る。一般に、稼働率が83%を超えると投資が活発化すると言われる。また、景気回復初期
段階では、稼働率上昇が物価安定要因となる為、インフレ指標としても参考になる




********************************************************************
★他のトレーダーの予想は外国為替証拠金ランキングから
2005-12-05(Mon) 06:04 製造業/サービス業 | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

鉱工業生産 industrial production
[20051205]
********************************************************************

鉱工業生産 industrial production
①主な時期について
発表機関 FRB(Federal Reserve System:連邦準備制度)

発表時期 月次
毎月14-17日

②為替市場における大小関係







鉱工業生産指数は、米経済のおよそ45%を占める製造業、鉱業、ガス・電力・水道 (utilities)
等の産出高における推移を表している(逆に言えば残り55%を占めるサービス部門や建設業
などの動きは反映されていない)。この指標は物価上昇分を差引いた実質ベースで発表され
る上、GDPの動きとの相関関係も高いので、GDPの動きを占う上で重視される。

 鉱工業生産の減少は、景気後退が迫っていることと共に金利が先行き低下するとの見通
しに結びつくため、債券投資家にとっては好材料となり、逆に鉱工業生産の予想外の上昇は
、通例、債券相場の下落をもたらす。他面、こうした鉱工業生産の上昇も、株式市場と為替
市場にとっては景気の強さをうかがわせるということで歓迎される。株式投資家であれば企
業収益の拡大を期待し、為替市場の参加者は金利上昇によるメリットを期待するからだ(米
金利高は米証券に対する、従ってドルに対する需要の拡大に結びつくからだ)。

2月の米鉱工業生産は予想を上回る0.7%の上昇となった。US industrial production rose a
larger-than-forecast 0.7 percent in February.
6月の鉱工業生産は9ヶ月連続の低下となった。⇒ Industrial production fell for the ninth
straight month in June






ポイント 製造業部門の生産動向を指数化したもの。景気全般との関係は深い。

詳細 【概要】
1) 鉱工業部門の生産動向を指数化したもの。景気全般との関係が深いが、GDPと比較して、
振幅が激しい。
2) GDPが四半期毎の発表なのに対し、毎月発表される為、景気実態を把握する際の先行指
標として注目される。



【留意点】
1) 米経済に占める製造業の割合は2割程度であるが、景気循環の始まりは製造業部門で
ある為、注意が必要。特に、自動車等の耐久財のウェイトが大きい。
2) 同時に発表される設備稼働率(Capacity Utilization)も設備投資・インフレの先行指標
として重要。稼働率が上昇すると設備の不足感が高まる為設備投資に対する先行性があ
る。一般に、稼働率が83%を超えると投資が活発化すると言われる。また、景気回復初期
段階では、稼働率上昇が物価安定要因となる為、インフレ指標としても参考になる




********************************************************************
★他のトレーダーの予想は外国為替証拠金ランキングから
2005-12-05(Mon) 03:27 製造業/サービス業 | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

ISM指数 -ISM Report on Business-
[20051205]
********************************************************************

ISM指数 -ISM Report on Business-

製造業/サービス業に分類されるものである。この範疇に含まれるものとして
ISM指数-ISM Report on Business- ISM指数(サービス)-
ISM Report on Business(Service Sector)-
シカゴ購買部協会指数-Chicago Purchasing Manager's Index-
フィラデルフィア連銀指数-Business Outlook Survey-
ニューヨーク連銀指数-Empire State Manufacturing Survey-
鉱工業生産指数-Industrial Production Index-
製造業受注高-Factory Orders-ある

①主な時期について

発表機関 ISM(Institute for Supply Management:供給管理公社)

発表時期 月次
第一営業日
②為替市場における大小関係

製造業部門では一番変動が大きいといえる




米サプライマネジメント協会 Institute of Supply Managementがメーカー約
300社の購買責任者に対して、新規受注、生産、雇用、入荷の遅れ、在庫の5
項目につき、毎月、前月に比べて、「上向き」か「下向き」か、あるいは「
変わらず」かを尋ねて集計している指標。景気先行指標として市場の注目度
は高い。質問項目別にウェイトづけした上(例えば新規受注は30%、在庫は10%)
、回答別に上向きなら1、下向きなら0、変わらずなら0.5とカウントし、指数
化してある。50%が基準ラインで、これを超えていれば生産活動は拡大してお
り、下回れば縮小と解釈される。以前はNAPM指数と称されていた。

ISM指数は49.4から49.8ときわめて緩やかな上昇に留まり、51.0に達するので
はないかという予想を下回った。⇒ The ISM index rose sluggishly from
49.4 to 49.8 in Jun, below expectations for a gain to 51.0.
ISM指数は50をやや下回る所まで低下し、製造業の生産活動が縮小している
ことを示した。⇒ The ISM index fell slightly below 50, signaling a
contracting manufacturing sector.



ポイント 景気転換の先行指標として、市場の注目度は極めて高い。

詳細 【概要】
1) 製造業約350社の購買担当役員に行うアンケート調査に基づく。
2) 生産・新規受注・入荷遅延比率・在庫・雇用の各項目に関して、
一ヶ月前との比較で「良い」「変わらず」「悪い」の三択で回答を得る。
3) 50を割り込むと景気後退、50を上回ると景気拡大を示唆している
とされる。
4) 非製造業を対象とした指数、シカゴ地区に限定した指数もある。



【留意点】
主要経済指標の中で最も早く発表され、かつ、景気転換の先行指標とし
ての精度が最も優れている事から、市場の注目度は極めて高い。製造業
の最重要指標の一つ。





********************************************************************
★他のトレーダーの予想は外国為替証拠金ランキングから
2005-12-05(Mon) 03:19 製造業/サービス業 | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

HOME

copyright © 2005 tuxed all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
市況&BOOKMARK

・要人発言/指標結果
***************
◆相互リンクサイト
・NYANKOSTATION
・SKILL.UP.FX
・新米の外国為替証拠金取引
・スウィングシステムFX
・しろふくろうFX研究所
・blog.xforce.jp
・FXポジション日記!
・各ペア月別傾向
***************
◆外為CHAT
・NSチャット
・共有チャット
・仮面チャット
***************
◆COUNCILツール
・FX.COUNCILRSSリーダー
・FX.COUNCILアンテナ
***************
◆市況 指標結果
・相場市況概況*
・市況2
・今週の経済指標
***************
にほんブログ村 為替ブログへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSフィード